クレジットカードの審査落ちにはどのような理由が考えられる?

クレジットカードを作るときや、住宅ローンを申し込むときには、実際に利用するまでには審査を通る必要があることは、みなさんよくご存知かと思います。
 
もちろん審査がある以上、どうしても審査に通らず落ちてしまう人が出てしまうのも現実です。
 
このとき、結果的に必要な時に、クレジットカードやローンを利用できなかったことはしかたがないのですが、では同じような生活状況の人は審査を通って、なぜ自分は審査を通ることができなかったのか?
 
そんな疑問を抱かれる方も非常に多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 
もしも、申し込みの時点で審査基準の内容が明らかにされているのであれば、おおよその理由を想像することは素人にとっても難しいことではありません。
 
たとえば「自分の場合は年収が少なかったのが問題だったのかな」とか、あるいは「自営業だったから難しかったのかもしれない」といったように、ある程度自分の側で納得することもできるのだと思います。

 
ところが、実際にカードを申し込んだ人がある人にはよくお分かりだと思いますが、申し込みの際に審査の基準を知らされることは一切ありません。
 
申し込み用紙にも審査基準のような項目は見当たらず、ただ簡単な情報をいくつか記入していくだけで手続きはすべて終わってしまいます。
 
これでは一体、自分が何をどう審査されているのか、さっぱり想像もつかないことでしょう。
 

また仮に審査に落ちてしまったとしても、あくまで知らされるのはその事実だけで、なぜ落ちたのかという理由まで教えてくれることはまずありえません。
 
そういった経緯で、申込みをしたカード会社そのものに対して不信感を抱いてしまうケースも少なくないようですね。

 
また不信感をもつのとは逆に、「自分には何かとんでもない問題がひそんでいるのかもしれない…」「ひょっとしたら自分は、ブラックリストに入っているのではないか…」などと不要な怯えを抱いてしまうこともあるようです。
 
それが原因で、それ以来怖くなって二度とクレジットカードなどを申し込むことができなくなってしまった、という人も実際にいるということです。
 

こういった背景から、弁護士の元にも「カード審査に落ちた理由をはっきり確かめてほしい」といったご相談が、多く持ち込まれています。

 
もちろん相談に来る方たちの希望には応えしたいと思っているのでしょうが、これはじつは弁護士にとっても非常に難しいご相談のひとつでもあるのです。
 
実際に、ご自身でカード会社や銀行にお尋ねになった方もいらっしゃると思いますが、そのような質問に対しては基本的に、「規定によりお答えいたしかねます」といったように、ぼかした態度でやんわり断られるのが決まっています。

 

実は、消費者金融やカード会社、銀行に対しては、そのような審査基準を公にする必要は法的には一切定められていません。
 
法的な位置づけがない以上、弁護士が情報開示を要求したとしても、金融業者に審査基準を回答する義務はまったくないわけです。
 

結局、どうして審査を通ることができなかったのか、という理由を明確に把握しているのは、結局のところ銀行やカード会社側だけに限られているわけです。

 
また、なぜキャッシングやローンの審査に落ちるかという理由に関しても、何かこれといったひとつの問題が原因となっていることは実際にはあまり多くなく、さまざまな要素が絡み合った結果、審査に通らなかったということがほとんどのようです。
 
そのことが、弁護士にとってもご質問にお答えしにくい理由のひとつにもなっているわけです。
 
弁護士としても、相談を受けた限りは「これが理由です」とはっきりお答えして、ご相談に来られた方を安心させることができれば一番なのですが、残念ながらそうもいかないのが現状です。