なぜクレジットカード申し込みで「申し込みブラック」になると審査に通らなくなる?

「申し込みブラック」という言葉を知っていますか。
 
これは、クレジットカードやカードローンの申し込みを、
短期間の内に複数の会社に行うことで、
審査に通りにくくなってしまうことをいいます。

 
申し込みブラックであると判断されると、
いくら年収や身元などがしっかりしていて、
支払いの遅延といった事故情報がなかったとしても、
審査に落ちてしまうことがあります。
 

「一体、なぜ自分が?」と首をひねってしまう方も少なくないようです。

 
では、なぜそのような行為をすると審査に通りにくくなってしまうのでしょうか?

 
ひとつは、それほど多くのカード会社に一度に申し込むということは、
かなり金策に困っているからではないかという印象を与えてしまうからのようです。
 
またもうひとつ、キャッシングで借り入れしたお金を別のカード会社への
返済に利用する、いわゆる「借り回し」を行うのではないか、
という警戒をされることもあるようです。
 

「借り回し」というのは、別の会社への返済額を利息も含めて
新しく借り入れしようとするので、返済しなくてはいけない金額より高くなってしまいます。
 
すると、当然利息も高くなり、次に借り回しを行うときには、
さらに多くの借り入れが必要となってしまいます。

 
このように「借り回し」を行っていると、
雪だるま式に借金額が膨らんでいってしまいます。
 
自転車操業とも言われている状態に陥ることです。
 
このようなケースでは最終的にすべての借入れを返済することは
難しくなってしまいます。
 

そのような状態の債務者に、カード会社や金融業者が
お金を貸そうとするはずはありませんよね。
 
もちろん、ただ単純にどこかのクレジットカードを作りたいという
理由だけで短期間のうちに複数の会社に申し込んでいる人も、
実際にはいるでしょう。
 
ただ、そのような心理までカード会社が理解してくれることはほぼ不可能です。

 
そして信用情報機関には、短期間の家に複数のカード会社に申し込んだという、
その「事実」だけが自分の信用情報に記録されてしまうことになるのです。
 

これが、いわゆる「申し込みブラック」という状態です。
 
借りる側からすれば理不尽な話かもしれませんが、
貸す側の立場になってみれば仕方のないことといえるでしょう。

 
では、一体どれくらい短期間の内に、複数のカード会社に申し込むと、
申込できないような扱いとなってしまうのでしょうか。

 
まず期間については、一般的に大体1ヶ月程度だろうといわれています。
 
数については、およそ3社程度からだろうといわれています。
 
つまり、もしもどうしても短期間で複数の会社に申し込みたい
という理由があるのであれば、最低でも1ヶ月は間を置くか、
少なくとも2社までにとどめておくということが必要です。
 
次に申し込みが可能になるまでの間にどのカード会社に申し込むかを
厳選しておくといいでしょう。
 

また、言葉がわざわざ作られていることからも分かると思いますが、
「申し込みブラック」というのは、あくまで実際のブラックリストとは関係がありません。
 

ブラックリスト入りの原因となる「事故情報」に関しては、支払遅延で5年程度、
債務整理では7~10年程度が記録され続けるといわれていますが、
「申し込みブラック」はあくまで「申し込み情報」から判断されているにすぎません。
 
申し込み情報がデータとして残されているのは、どの信用情報機関であっても
せいぜい6ヶ月程度だといわれています。
 
ということは、もし「申し込みブラック」の状態になってしまったとしても、
半年の間はどのカード会社にも申し込みをしなければ、
すぐそこから抜け出すことはできるというわけです。

 
もしも知らないうちにそのような行為をしてしまった、
あるいは審査に落ちて心当たりがあるという方は、
とにかく半年は期間をおいてみてください。

 
その後ふたたび申し込みをすれば、通常の審査で通ることが
できるようになっているかもしれません。